突然ですが、今回を以って「シリーズ第5弾」を締めさせて頂きます。Carpenters②

諸般の事情により、「シリーズ第5弾」(NON TITOLE)を最終回とさせて頂きます。今年7月から始まったこのシリーズ、4カ月以上が過ぎました。ココの公開ペースにも相当するかと思います。例によって後記に結びを述べたいと思います。

さて、今回はCarpentersにしてみました。彼らは1年以上前に特集①を公開して以来になります。この時期になると秋風が切なく感じる人もいるかと思います。今回はあまりシンミリとならない様選曲してみました。

動画は、皆さんが見慣れたモノばかりで、つまらないかも知れません。でもこれが削除される恐れが少ないゆえなのです。1曲目「Please MR.Postman」74年作品で有名なカバー曲。ビートルズのカバーと比較されますが、どちらも良いと思います。彼らはRockではないのです。そもそもサウンドが違うと思うからです。





2曲目は75年作で、「Only Yesterday」。ヒット・チャートでは米4位、英7位とそれ程ではなかったのですが、エレキギターとサックスのコンビネーションがとても似合う曲です。

これは兄リチャードのアレンジによる所が大きいのではないでしょうか。それにカレンの声が上手くマッチしています。





彼らの初期70年の名曲「We‘ve Only Just Begun」。この曲はカバーが多いのでも有名ですね。

邦題:愛のプレリュード。私にはどうも当時、ホ○ダの同名の車が気になっていたような?あっ年代が違うか!





さて最後となりましたが「Goodbye To Love」。緩やかなメロディでエンディングとしたいと思います。

尚、カーペンターズ特集①は下のブログ記事に示してあります。クリックすれば記事を開けます。最後はやはりカレンの急死について、一言。1983年33才の若さでカレンは亡くなりました。惜しい事でした。死因についてとやかく言うのは、避けたいと思います。






<シリーズ第5弾を締めるに当たって>

冒頭で諸般の事情と書きました。実際の所を述べましょう。今回の公開により公開曲数が600曲を超える事になりました。アクセスレポートでは、古い過去記事に相当数の来訪がまだあります。然し過去記事はズタズタの状態なのです。

今まで、少しづつ修復をして来たのですが、今回を機会に全面的に見直し、修復作業を行いたいと考える次第であります。「ようつべ」とのイタチごっこは分かっています。然しながら600曲を見直すのは、区切りとして良い機会ではと思うのです。

何分にも、ココのブログ管理者は私であります。責任を持って対処したい所存であります。この点をご理解願いたいと思います。

以上の事をご斟酌して頂き、「シリーズ第5弾」を締めさせてもらいたいと思います。

尚、末尾となりましたが、本シリーズをご愛顧いただいた皆様方、本当に有難うございました。これから寒さが日増しにきつくなります。どうかお体充分に気を付けます様、お祈り申し上げます。又公開できる日を早く願って、締めの言葉とさせて頂きます。

"突然ですが、今回を以って「シリーズ第5弾」を締めさせて頂きます。Carpenters②"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: