バブルの最中にはこのような・・・・Heart 「Alone」 「These Dreams」 他

Heartと言うバンドは、その母体はかなり古くからあるのですが、ウィルソン姉妹中心により80年代後半にヒット曲を連発したグループ、と聞けばもうお分かりでしょう。当時我が国はバブルの真っ只中で、金の使い方がハンパでありませんでした。

あの頃、役所も民間も個人も「土地神話」の基に、金使い放題の信じ難い時期でした。どこにこんな金があるんだ!

その時期、85年から黄金期を迎えるHeart。ゴージャスで派手なサウンドのRockでありました。然し今尚色褪せないそのサウンドに、バブル期のパワーが残っているように思えます。

1曲目は85年のヒット曲「Never」。(vo)が姉アン・ウィルソンで巨体ですな。(g)が妹ナンシー・ウィルソン。





2曲目87年作品「Alone」美しいイントロとメロディ、誰もが1度は聞いた事あるでしょう。そういえば、あの頃女性の肌の露出度が低かったですね。東西問わず。





3曲目「What about love」。85年ヒット作第一号。彼女らのサウンドは、この85年のアルバムから一転しました。プロデューサーにロン・ネビソンを迎えて、外部のソングライターを起用しました。そして、音造りを徹底的に「売れ線」にしました。






4曲目は85年作で前米第1位になった「These Dreams」。今回は94年のライブ。さて、アレが今回の4曲に入っていません、後記に示したいと思います。





彼女らの90年大ヒット曲「All I Wanna Do Is Make Love To You」は、調べた処1年前に単発で公開してあります。聞きたい方は↓をクリックして下さい。

http://1341-mj.at.webry.info/200909/article_1.html

"バブルの最中にはこのような・・・・Heart 「Alone」 「These Dreams」 他" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント