私の巷ではラテンが大流行。乗っかって「マシュ・ケ・ナダ Mas Que Nada」 他




セルジオ・メンデス&ブラジル‘66で「マシュ・ケ・ナダ」。当時ですから口パクはしょうがないですね。この曲ずっと以前に考えていたのですが、ジオヤー大先輩に先を超されて、囲って置いたモノ。

ジオヤーさんは、本当にモノシリで凄い人。いつも先を超されてしまいます。さあ~ラテンも解禁だ。とは言っても私のこと。選曲はチョっと普通と違う。でもラテンでこの曲は外せない名曲の1つ。44年経ても洒落てる。





これも忘れられない曲。Brazilでパーシー・フェイス編曲のモノ、62年発表だったと思います。でもオリジナルは1939年でアリー・バローサという人の作品。私は、パーシーの作品が一番好き。

1~2曲は、ボサノバでした。次はカリプソなんですが、途中で止めて帰る人が多くいるかも。





ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte)、彼はジャマイカ系黒人アメリカ人で56年の作品。今までのリズムに対しぐっと泥臭い歌。来る日も来る日もバナナを運び続ける「労働者の歌」。

ある時期コントのギャグに使われもしました。然しこの曲の持つ意義は大きいと、私は考えています。明るさだけがラテンではないと。この「バナナ・ボートBanana Boat」、けだし名曲の1つではないでしょうか。

さて、最後に選んだのは、おなじみストーンズ。彼らはリズム系の曲が得意。71年作で「Can‘t you hear me knockin‘」中間部よりサンタナ風になりますが、ミック・テイラーのギターが白眉です。

チャーリー曰く、これは一発テイクだったそうです。この長辺を一発とは!恐るべしミック・テイラー。





jintanさーん、ガンダムのブログ最高だったすよー。コメントできなくて、すいません。私ア○ーバの会員でなくて。

"私の巷ではラテンが大流行。乗っかって「マシュ・ケ・ナダ Mas Que Nada」 他" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: