猛暑は続く、4強Rockも続く GFR,The Who,CSN&Y 他

私のGFRの聞き始めは、それはとてもヘビーでした。「Heartbreaker」なんかでしたね。ギターのマーク・ファーナーなんかマッチョな体でギンギンに弾いていました。

選んだのは、73年のヒット曲「We‘re an American band」でって、ドラムの奴もマッチョじゃん!フィジカルのパワーがRockを引っ張っていく、そんなスタイルですな。





不思議とThe Whoは初めての公開です。ストーンズと並び息の長いバンドです。然し私自身あまりWhoの曲、聴いてないんですね。

曲よりも、ドラムのキース・ムーンの奇行の方ばかり耳に入ってきました。やはりキースと名のつく者は危ないのが多いんですね。えっ!私ですか?う~む、少しばかり危ないかも。曲は「Summertime Blues」。70年Live at Leed





さて3曲目は、CSN&Yで曲は良いと思うのですが、むさ苦しさも限界の域に。ニール・ヤングの曲で「Southern Man」。仲良くなった2000年でのライブです。

ニールは何度もくっつき離れたり、現在に至っています。お互い距離感を持つことで返って良い場合もありますね。





最後は夏らしくスカッと、海をモチーフにしてBeach Boys。と言えばこれっきゃない「Surfin USA」。然しこの曲、手放しで喜べるモノではない。

チャック・ベリーのR&R、「スウィート・リトゥル・シックスティーン」をパクッたモノだったから。63年のR&Rなんて黒人音楽のモノでしたからね。ストーンズだって盛んにパクッてました。



"猛暑は続く、4強Rockも続く GFR,The Who,CSN&Y 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: