残るは2回となりました John Denver「Country Roads」「Follow Me」他

2月のバンクーバー・オリンピックの最中から始まった、シリーズ第4弾「バンクーバー124」も早、残すところ2回となりました。ちょうど3カ月となる分けですね。私的には、あまり満足の行く出来ではなかった、と言うのが率直な考えです。

まあ総評は、最終回にして、通常通り進めましょう。今回はJohn Denverです。このブログでは、過去に1曲だけ単発でしか登場していませんでした。気後れしてたと言うのが正直な気持ち。

説明は、ファンの皆さん方の方がよっぽど知っているでしょう。曲に進みます、1曲目69年作「Follow Me」





2曲目「Leaving on a Jet Plane」71年作邦題:悲しみのジェット・プレーン。これは、ピーター・ポール&マリーの66年作のカバーでしたね。

「Follow Me」もこの曲も全曲そうなんですけど、彼の澄み切ったそして汚れなき高音に、私はいつも劣等感を抱くのですなぁ~。






彼の代表曲にして最大のヒット曲「Country Roads」71年作邦題:故郷へ帰りたい。歌詞の中にウェスト・ヴァージニアと出てきますが、彼は1度も行ったことなかったとの話ですが、どうやら行った事あるとのことです。

この曲は、日本ではオリビア・ニュートン・ジョンのカバーもヒットしました。どうも容姿の良さだけで売れるとは、如何なものか?(ふ~ん、いつも若い奇麗なお姉ーちゃん追っかけてるくせに)。オホン・オホン!






この曲は、ある意味でヴォーカリストの真価が発揮される曲。カラオケで歌ってもとても難しい。「Sunshine on My Shouders」74年作邦題:太陽に背を向けて。


>




さて如何なものでしょう。過去1回公開した曲は、邦題:緑の風アニーでした。当時の奥さんへの愛情を表したものとされています。下記の「同じテーマのブログ記事」ですぐ行けます。

私は、この場でもう1度載せてもいいのではと思うのです。って私の一番好きな曲なもんで。むふふ・・・
「Annie‘s Song」74年作。






彼は、1997年自家用飛行機の事故で亡くなりました。53才でした。巨星落つといった感じでした。

"残るは2回となりました John Denver「Country Roads」「Follow Me」他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: