正統派Rockです Free & Bad Company 「All right now」 他

暑さと寒さが交互に繰り返す、今日この頃ですが、皆さん方は体調大丈夫でしょうか?私はアホやから風邪など引きません。ここ10年間引いたことがないのです。異状体質になったのか?

さて今回は、タイトルから察するように、あの渋いヴォーカリストPaul Rodgers(ポール・ロジャース)がメインとなります。若い方々にとっては、知らない人もかなりいるでしょう。

彼はFreeで67年~73年までヴォーカルで活躍します。ブルース色のサウンドと彼の声質はとてもマッチしたものでした。然しながら本国イギリス・日本での人気はあったものの、アメリカではさっぱりでした。

そうする内に、バンド内の不和から、73年に自然消滅する形となりました。曲の方を紹介しましょう。1曲目は彼らの代表曲でロック・クラシックと言われている「All right now」。そして彼らのラスト・アルバム(Heartbrearker)から殊勲の1曲「「Wishing Well」







Freeの解散後、ポールが新たに結成したバンド。それが「Bad Company」で、メンバーは強力な布陣でした。彼らは活動の拠点をアメリカに移しました。当然アメリカ市場をターゲットにしてた訳ですね。

彼らは、サウンドをよりPOPなロック指向にしました。それがアメリカ市場に見事当たることとなりました。デビュー・シングル74年「Can‘t get enough」(3曲目)が大ヒットし、アルバムもアメリカで500万枚、全世界では1200万枚のセールスと大成功を収めました。

その後も、彼らは順調に進んで行きます。75年2ndアルバムより「Feel like making love」(4曲目)と続けてヒット。その後77年の4thアルバムの伸び悩みから制作ピッチが衰えます。

そして、82年6thアルバム完了の後、遂にポールは脱退しました。この後ポールはソロで、バンドはヴォーカルにブライアン・ハウを迎えて別々の道を進むことになりました。









99年急遽オリジナル・メンバーがそろう事に、北米ツアーに出るも又もやメンバー間の不和で頓挫。08年には、オリジナル・メンバー3人で、一夜限りの再結成ライブを成功。さらに09年には北米ツアーと精力的でした。そして今年10年には、イギリス・ツアーの発表もしています。親爺頑張ってますねー。

"正統派Rockです Free & Bad Company 「All right now」 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: