私の好きな Paul McCartney②は、今回は70年代で「Silly love songs」他

前回のポールは、80年代を主にしたものでした。数多くある、彼の曲で今回は70年代を少しばかり。とは言っても、私なりの選曲ですもんで、それなりではあります。

71年彼のセカンド・アルバム(RAM)。前作同様、殆ど多くの楽器をポール1人でこなしたアルバム。もう40年近く前になるんですね。

このアルバムから、日本でシングル・カットされた「Eat at home」邦題:おいでよお嬢さん。私が言うとセクハラになるんだろなぁ~(泣)





71年ポールは念願だった、新しいバンド(Wings)を結成しました。然しメンバーは出入りの激しいものでした。

やはり、ポールのワンマン・バンドにしかなり得なかった。そう言われてもしょうがなかったのでしょう。長続きはしませんでしたね。ファースト・アルバムから「Mary had a little lamb」





70年代半ば、ウィングスはヒット曲を連発。黄金期を迎えます。ポールのメロディ・メーカーぶりが、躍進します。75年ヴィーナス・アンド・マースから、「Listen to what the man said」

尚、下の「同じテーマのブログ記事」にポールの過去記事がありますので、興味のある方はクリックするだけで見に行けます。暇な時にでもどうぞ。





75年9月ウィングスはワールド・ツアーを開始。特にアメリカでのツアーは、大盛況でしたね。この最中に制作されたアルバム(スピード・オブ・ワゴン)も大ヒット。この時の勢いは凄かったですね。

シングル「Silly love songs」も大ヒット。リンダとポールは本当に仲良かったです。



"私の好きな Paul McCartney②は、今回は70年代で「Silly love songs」他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: