時にはポップなカントリーでも Dixie Chicks(ディクシー・チックス)

Everybody Knows

(当初の画像は削除され、代替を用いました)




2006年アルバム(Taking the long way)からのシングル・ヒット曲でした。ちなみにこのアルバムが、現時点での最も新しいアルバム(ライブを除き)。このグループは女性三人組で結成されているものです。

メンバーは、ナタリー・メインズ(リードvo、ギター)、エミリー・ロビンソン(vo、バンジョー等)、マーティ・マグワイア(vo、フィドル等)。結成は89年と古いのですが、曲に恵まれませんでした。





99年アルバム(Fly)から、「Cowboy take me away」。年代がとびますが、ナタリーの新加入による第二作目のアルバムで1000万枚のセールスを記録しました。

このアルバムと前年のアルバムで、彼女たちの人気は決定的なものとなり、絶大な支持を受けることになるのです。新生Dixie Chickが正に確立されたのですね。






、Dixie節もすっかり決まった曲調ですが、これも1曲目と同じ06年の作品。「Not ready to make nice」

この前のアルバムから、実に3年間のブランクを経て出されたものでした。その要因の1つに、政治的論争が上げられます。彼女たちの政治的発言(反ブッシュ)が影響力を示したものです。






次は、明るいカントリーに戻って、2曲目と同じ99年の作品「Goodby earl」。Liveは近年のものですので、ナタリーの髪型が短髪からエラク変わっていますね。

カントリーの良さの1つである、単純・明快なサウンド。理屈抜きに楽しめるもの。そういう良さの象徴だと思います。






最後の曲ですが、この曲こそ新生Dixie Chicksの始まりだった、98年アルバム・メジャーデビュー。同名タイトルのシングル・ヒット「Wide open space」

このアルバムは、1200万枚というセールスをもたらしました。ビデオでナタリーの髪型が短くなったり、長くなったりで同じ人物とは、見えなくもあります。然し才能は豊かな女性ですね。

"時にはポップなカントリーでも Dixie Chicks(ディクシー・チックス)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: