ブラスが入ったサウンドの世界 Glenn Miler,スウィングガールズ,Chicago 他

今回のシリーズでは、しりとり方式を始めたのですが、どうも「N」や「E」が語尾に来るのが多くて、かなり勝手が狂ってしまいます。う~む今回は少しイジッてしまおう。

「・・・の世界」も第三弾、そろそろ止めにしましょう。今回は「ブラス」です。またまたOld Musicですが、1曲目はGlenn Milerの「In the Mood」。いわゆる昔のスイングジャズですね。

前回の主題曲「Breezin」のINを採って見ました。ふ~。でもスイングジャズって大好き。ビッグバンドでもってノリがとても良いですね。今の時代には合わないかも知れませんけど。

この作品39年の曲です。70年も前の作品なんですね。私にとっては、全然色褪せてないです。これで体がスイングしなけりゃ、リズム型DNA持ち合わせてないのでしょう。恐らく。





そんでもって、次はチト毛色の変わったモノ見つけました。04年に公開された映画「スウィングガールズ」。東北の片田舎にあるとある高校で、急にジャズバンドを作るハメに。

キャッチフレーズが「ジャズやるべ!!」って、私は映画もDVDも見ていない。ようつべの動画しか知らないのです。然し、彼女らの熱気は十分伝わって来ました。

また、近年の作品だけあってサウンドがぶ厚く、かつとてもクリアーですね。演奏もしかりです。曲目はMexican Flyer(メキシカン・フライヤー)65年作からメドレーでSing sing sing36年の作品。良いのがいっぱいあったのですが、ようつべのガードで他は無理でした。





さて、次からはボーカル付きでいきましょうか。またこれかー。もう聞きあきたー。等と多分に言われるのですが、ここは私のブログ、貴方のではないのぞよ。良いものは良いのです。

Chicagoで「Saturday in the park」72年の作品。オリジナル・メンバーの揃っているLiveですね。ピーター・セテラもちゃんといます。

シカゴには、単発の登場ばかりで相すみません。ホント特集組まねばと思っているのです。





最後は大御所スティービー・ワンダー。76年のアルバム(キー・オブ・ライフ)から「Sir,Duke」。これはデューク・エリントンに捧げられた曲。

あらま。デュークの「A列車で行こう」忘れてました。まあ今後似たような企画あるでしょう。その時にでもね。この画像はスタジオ・ライブ。音のクリアーさは今いち。




"ブラスが入ったサウンドの世界 Glenn Miler,スウィングガールズ,Chicago 他"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: