Bob Dylan 「天国への扉」「ハリケーン」&「If not for you」

前回とはうって変わった音楽の方向性。Bob Dylan今まで何度も避けて、逃げ回ってきた人物。遂に腹をくくりました。然しながら1ページで彼の50年間に渡る音楽活動を現すのは、到底無理なことだと思うんです。

そこで、今回はピンポイントの部分(70年代前半)を紹介する事とし、またこの機会で、「ナ」行から「ハ」行に移行することにします。

Bob Dylanって非常にビッグかつヘビィーな人物です。私にとっては。フォトを初めてみたのは、高校の時だったはずですが、一目見てピーンときました。ユダヤ系の人だなって。

音楽1曲目は、「天国への扉」タイトル名より、決して明るくない曲調。これは73年映画ビリー・ザ・キッドの挿入歌で、Bobも出演してます。西部開拓時代のガンマンの死に際、という風に私は解釈してます。そうすると歌詞も素直に入ってきます。

この曲、Bobの曲の中で最も多くカバーされています。私はナンナンナキノン・・・・といつも口ずさんでますが。原題
「Knockin‘on heaven‘s door」





2曲目は、殺人の免罪で投獄されたボクサー(ルービン・ハリケーン・カーター)の無実を訴えた曲。76年発表ですが、99年には実際に映画化され、サウンド・トラックとして使用されました。長編ですが緊張感のある曲。アルバム「Desire」邦題:欲望からです。





3曲目はボーナス・トラック。前2曲が、緊張感を強いるため、ソフトな曲で尚かつカバーで良いもの。と言うことはオリビア・ニュートンジョンが歌う「If not for you」70年作。他にジョージ・ハリスンのカバーも有名ですね。アルバム「New morning」邦題:新しい夜明けからです。





Bob Dylanのことを「神様」のように崇める人がいますね。確かに昨年ピューリツアー賞の特別賞を受賞しました。何かホントに天上の人みたいで。私みたいな小市民に何が言えますか。

だからイヤなんですよー。何か記事にすると、凄いパッシングに合いそうで。もう疲れたので、この辺で・では・では。

"Bob Dylan 「天国への扉」「ハリケーン」&「If not for you」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: