ポールを抜かすわけには・・・ Paul McCartney

さて、今回はアルファベットW。ジョージ、ジョンときてポールを抜かすわけいきませんよね。袋叩きにされちゃいます。そうですWingsの登場です。ポールファンの皆様お待ちどう様でした。

私にとって、ポールはメロディメーカーの天才かつ一人で楽器を何でもこなす天才というイメージがあります。Beatles
時代「ジョンとヨーコのバラード」のドラムはポールだったそうですね。

本当に器用だった反面、バンドのメンバーとは長続きしないと言う側面もありました。お送りする曲が最たるもの。最もホットなヴァージョンのひとつ。
「Band on the Run」73年作で、Live in Kiev 2008





このライブ、ファンの方だったら早くバックアップとる事お薦めします。長く残存する保証はできません。色々な事情がありますもんで。

ところで、Beatles時代も含めてポールのサウンドとStonesのサウンドの違いは何かと言うと、ドラムの音だと思っているんです。私のタイトル名にあるTightな音かどうかなんです。

そこには、当然好き嫌いがありましょう。優劣を決めることはできないとも思っています。

"ポールを抜かすわけには・・・ Paul McCartney"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: