術後の経過は思ったよりなかなか・・・。再びで懐メロPartⅡ 音楽は Procol Harum 他

術後3週間、退院後10日間が経過しました。なかなか手術前の普通の体にはならないものです。何分にも体重が増えなくて、体力の衰えに響いていると思います。

然し、ココは洋楽ブログです、今時点での思う曲を「懐メロ」ですが、付き合って下されば幸いです。
懐メロと言っても、幅はとても広いものです。60年代から、90年代もそうですネ。

記憶の思った限り、取り上げてみました。それでは聴いてみて下さい。






Procol Harum-A Whiter Shade Of Pale(青い影)
1967年のプロコル・ハルムの大ヒット、青い影。この1曲で今までメシを食っていける。ゲイリー・ブルッカーのダミ声が年々いい味ですネ。







Neil Young-Harvest Moon
1992年ニール・ヤングの曲。まったりと緩~いサウンドも珍しいです。ニールも今年73才。日本でいう「団塊の世代」は元気イイですなぁ。









Michael Jackson-Heal The World
1991年マイケル・ジャクソン発表の曲。彼の人生観・世界観を表したものですが、あんなに早く死んでしまうとは。何ともやりきれないことです。









STUFF-SUN SONG
最後はフュージョンで、まったり&リズムが心地よいです。1976年スタッフのバンド。亡きリチャード・ティー(key),渋とく生きているスティーブ・ガッド(drums).誰もが一流のミュージシャン。

やっと勝った!女子Wカップ対スコットランド戦。これでやっと寝れますぅ~。


"術後の経過は思ったよりなかなか・・・。再びで懐メロPartⅡ 音楽は Procol Harum 他" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント