前回は今イチ。今回より平常運行で行きたいと思います。 音楽は BEATLES またも60‘Sでーす。

今回はBEATLESで、気分は楽でありんす。自分のその時々の気分で作る分けですから。然し、抗がん剤の副作用が依然としてキツイものです。何時に公開できるか?途中でギブアップするかも?。 さて、最初の2曲はご存知アップル本社屋上での69年ゲリラLIVE。これがBEALES最後のライブになる事になりますネ。 画像は、昔から色々な物が出て来て、その都度削除されて来ました。この動画も早晩削除されるでしょう。あまり気にしないで下さい。 後半2曲、何故かセンターに寄らないのです。ウェブリの改悪リニューアルは設計が全く変わってしまい、私の手に負えないのです。 Don‘t Let Me Down ジョンは生き生きとしてますネ。Let It Beのスタジオ録音の時は物憂げでどんよりとしてたのが寂しかったです。 あの映画は、人生一度きりしか見てません。 Get Back このようなシンプルでストレートなRockも、彼らの魅力。この21世紀のさ中、陳腐に聞こえるでしょうか?今の時代ヒップホップやラップの大流行り。若い方々には何ら興味が湧かないかも・・・・・・・・。 1/25早々と動画が削除されたので、別ヴァージョンを挿入しました。 The Long And Winding Road アルバムLet It Beに入っている曲、この曲にはひと悶着がありました。当初のプロデューサーはいつものようにジョージ・マーティン。然し、何故かフィル・スペクターが再プ…

続きを読む