かなり渋いですが、まぁたまには良いかなと。。 音楽は David Sanborn 他

[追記]
7月2日のウェブリブログのメンテナンスにより、従前のブログ・スタイルが滅茶苦茶になりました。今のところ修復は不可能な状態であります。申し訳ございません。
又、私事ではありますが、今日7月10日より実質的に「抗がん治療」が始まります。自分の身体がこの先どうなるのか?抗がん剤の副作用とはいかなるものか?、不安を拭えません。今後については、どうか事情斟酌の程よろしくお願いいたします。




作っているのは珍しく日中なんですが、どうも夜向けの雰囲気でショー。まぁスルーされる方はそのままスルーー・・・・。

長いことブログやっていますが、デヴィッド・サンボーンは初登場ですネ。彼は80年代が一番脂の乗っていた時期だと思われますが、今回取り上げるのは78年アルバム「Heart To Heart」。泣きのアルトサックスが冴えていたフュージョンの時代だったのです。
(#私の場合、フュージョンは偏食だったので、スティーブ・ガッドdr、リチャード・ティーkeyは鉄板でありんす。)






David Sanborn-SOLO

冒頭残念ながら、アルトサックスの音量が小さいっ!。バックのセッション・ミュージシャンの方が目立っている。
40年前のオリジナル買ったけど、こんな風だったっけ?。







Anywhere I Wandar
同じアルバムからの1曲、この頃はブルース系の曲も良くやっていました。
彼が、スムースジャズに移って行くにつれて、私は引いて行った。残念ですが。








John Tropea-You‘re My Every Need
↑でセンスの良いギターフレーズを聞いたので、予定変更して華麗なギタープレイを1曲。8年前に1度公開したのですが、ココでの数少ないフュージョン・ブログのNo1の記録を持つ。昔はジョン・トロペイと言ってましたが、途中トロペアの名になり、今はどちらでも良いみたい。


術後の経過は思ったよりなかなか・・・。再びで懐メロPartⅡ 音楽は Procol Harum 他

術後3週間、退院後10日間が経過しました。なかなか手術前の普通の体にはならないものです。何分にも体重が増えなくて、体力の衰えに響いていると思います。

然し、ココは洋楽ブログです、今時点での思う曲を「懐メロ」ですが、付き合って下されば幸いです。
懐メロと言っても、幅はとても広いものです。60年代から、90年代もそうですネ。

記憶の思った限り、取り上げてみました。それでは聴いてみて下さい。






Procol Harum-A Whiter Shade Of Pale(青い影)
1967年のプロコル・ハルムの大ヒット、青い影。この1曲で今までメシを食っていける。ゲイリー・ブルッカーのダミ声が年々いい味ですネ。







Neil Young-Harvest Moon
1992年ニール・ヤングの曲。まったりと緩~いサウンドも珍しいです。ニールも今年73才。日本でいう「団塊の世代」は元気イイですなぁ。









Michael Jackson-Heal The World
1991年マイケル・ジャクソン発表の曲。彼の人生観・世界観を表したものですが、あんなに早く死んでしまうとは。何ともやりきれないことです。









STUFF-SUN SONG
最後はフュージョンで、まったり&リズムが心地よいです。1976年スタッフのバンド。亡きリチャード・ティー(key),渋とく生きているスティーブ・ガッド(drums).誰もが一流のミュージシャン。

やっと勝った!女子Wカップ対スコットランド戦。これでやっと寝れますぅ~。


大腸ガンの手術を終えて、何故か懐メロを聞きたくなりました。 音楽はENYA 他

長いブランクを過ぎてしまいました。私と言えば、大腸ガン及び腸閉塞という病気に闘っていました。入院手術なんてするもんじゃないですネ。本当に痛感しました。

今回は懐メロにしました。とは言ってもRock‘n Roll何て元気がありません。緩~い感じの曲ばかりです。
私には、気力・体力が全然ないのです。何せ11kgも体重が減ってしまったから。

早速ですが、音楽の方へどうぞ。





Enya-Wild Chld
エンヤのワイルド・チャイルド。随分と古い曲だったんですネ、2001年のリリースだから18年前の曲。メロディーが彼女独特のサウンドでした。






Enya-So i could find my way
この曲は新しい、2015年アルバム「ダーク・・スカイ・アイランド」からの曲。弦楽器に包まれた曲調も珍しくて良いと思います。






Sarah Brightman-Time to say goodbye
3曲目はサラ・ブライトマンでちょっとケバイなぁ。曲は良いと思いますけど。この動画は以前にも出しましたけど、速攻で削除された記憶があります。今回も同じ目に会うと思います。






Mariah Carey-Without you
最後はマライア・キャリーの有名な曲。作曲についてはもう説明しなくて良いでしょう。マライアの透き通った高音は流石ですねぇ。