(OLDものです)LAドジャースは急降下のど真ん中、どうした!。 音楽は BILLY JOEL 他

ダルビッシュがドジャースに移籍して、ひと月以上が過ぎました。その成績たるや褒められたものではないでしょう。もし覚醒しなければ、今期末のFAで評価はガックリと下がるでしょう。ただ、今期末のFAで投手の良い出物がないのですなぁ。
ここがミソなんですネ。

まあ、後ひと月半ののちからのFA交渉、顔は笑っていても目が笑っていない交渉で、お楽しみか又はショックを目にする事でしょう。前者を期待したいものです。

さて音楽の方ですが、ある1つの配慮を考えて、今回はPiano&KeyboardをメインとしたSomething Oldな曲を少々。配慮とは、こんな拙い所に懲りもせず通ってくれている★道楽さん★。あの方はピアニストで、それもショパン等のクラシックの分野のお方。
然し、私は基本的にはRockな人間、何やらまたスベッタのか!?。私は私なのです。もう変えようがない。


1曲目、これは普通1番ラストに持って来るのでは?イヤっ、私にとっては1曲目が妥当と思えます。安酒場でジンを飲む姿は、正しく私のあるままでありんす。ビリー・ジョエルのピアノ・マンで73年の曲。今や彼の代表曲でありますが、彼の最初のシングルでもあったのですネ。




BILLY JOEL-PIANO MAN




2曲目は久し振りにビートルズ。67年のテレビ映画からのサウンドトラック。テレビで流されたのは不評でした。まとまりが無く、集中力の欠いたものだったのです。その中で、ポールの素晴らしいピアノのリズムとメロディーが光る1曲。





BEATLES-YOUR MOTHER SHOULD KNOW





3曲目、こうなれば当然ストーンズが来ても変ではないでしょう。奴らはギター・サウンドが得意ですが、どっこいピアノ&キーボード・サウンドも良いのがあるんですってばっ!。この曲、ピアノ&キーボードともに故ビリー・プレストン。彼は黒人ゆえにゴスペルの雰囲気を出すのが得意でした。72年のダブル・アルバムに挿入されていました。中間部のギターはこの2年後に辞めたミック・テイラー。泣きのレスポールが相変らず素晴らしい。







ROLLING STONES-SHINE A LIGHT ON YOU 





最後はプログレッシブ・ロック(前衛的なロック)ELP(エマーソン・レイク&パーマー)なるバンドが70年頃英国で生まれたのでした。構成はキース・エマーソン=キーボード、グレグ・レイク=ベース・ヴォーカル、カール・パーマー=ドラム。70年に出したアルバム「展覧会の絵」は爆発的なヒットでした。
その中で、チャイコフスキーのくるみ割り人形の行進曲を持って来たのが「NUT ROCKER」。あとYESと言うグループも人気ありましたっけ。チト動画ぼ音がデカイかも知れません、気を付けてくんなまし。







ELP-NUT ROCKER




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年09月13日 16:04
ビリージョエルを聴くと
なぜか、ものすごく懐かしい気持ちになります。
とっても癒される(´ー`*)ウンウン
2017年09月13日 16:26
今日わんこー  とうふさん

あれ?ビリー・ジョエルの曲ご存知でしたっけ?。
ジャニーズ系の人は、知らないと思っていた。
年代的にかなりギャップがあると思います。

まぁビリー・ジョエルの曲は有名ですからネ。(^^♪
2017年09月13日 23:39
はい、毎度、ミックおやじ、生きてるか~い♪

ビリー・ジョエルの「ピアノマン」は、原点と言える曲ですね。

ビリー・ジョエルの過去がどんなものだったかは、私のブログの宣伝をする訳ではありませんが、2007年7月のビリーの記事を「洋楽テーマ」から、良かったらスクロールして読んでみて下さい。
アメリカの自己啓発No.1コーチ、アンソニー・ロビンズの書いたビリー・ジョエルの文章を書いています。

それから、EL&Pは、『恐怖の頭脳改革』という、怖いジャケットのアルバムがありましたね。
プログレ、YESのリック・ウエイクマンは、ロックにクラシック音楽を取り入れてくれたミュージシャンで好きでした。

個人的には、タイトルからしても、もっとストーンズの事を教えてほしいと思うんでありんす(オネエ言葉がうつったかな)。

『どんだけ~』、『まぼろし~』・・・何やそれ。
2017年09月14日 15:46
はい今日わんこ   dearとしちゃん

ビリー・ジョエルの記事、10年前既に書いていたのですか。凄いです。
その記事は、後でゆっくりと読ませて貰いましょう。

今回の更新は、原点回帰の気持ちで作って見ました。。60年代後半から
70年代始め部分。しかるに、としちゃんまた飲んでコメしてるな?。

としちゃんの要請を受けて、BEATLESを入れて置いたのに!。
これにも深い事情があったのでありんす。

ELPもYESも、所詮キャラが私には合わなかったのです。聴いていた
事は聴いていたけど。
ストーンズのこのアルバム「Exile on main street」は、
A4レポートで、数十枚にもなるので、止して置きました。誰もそんなの
望みをしないでしょうから。
Toshinosuke
2017年09月15日 00:34
ミックさん、再びお晩です♪

確かに、“飲酒コメ”でした。

Beatlesの要請をしたつもりは全くなかったし、それにも気づいていない・・・(スイマセン)

Stonesを書こうが、何を書こうが本人の事で、他人からどうこう言われるすじではありませんよね。(スイマセン)

私は、また自分の方向性が分からなくなり、自暴自棄になり、(親に隠れて酒を飲み)、そろそろ、ブログも止めようかなと思っています。



2017年09月15日 14:16
早い時間で今日わんこ   dearとしちゃん

用があって、これから外泊のため、今からコメント。
む~う、としちゃんの今の立場と心理状況からして、”覇気”を上げた
方が良いのでは?。岸和田のだんじり祭りの様な・・・あんな様なモノ
があれば。一発スカッとするものがあればと、思うのでありんす。

BEATLESもSTONESも、謝らなくていいんです。

止める事は避けて頂きたい。自暴自棄を抑えるために必要な事だと
私は察しています。エラそうな事言えないが、内なる細胞の活性化に
いいと思うなぁ。(^^)/
2017年09月17日 08:00
おはようございます。
台風が来ないうち、今日奥様とオータムフェス行って来て下さい~w
ビリー・ジョエル、知ってはいるけれど、この曲は知らなかった~。
ビリー・ジョエルと言えばHonesty~!

ビートルズ、薄野だったかな?
ビートルズの曲だけ演奏のライブハウスが有るらしいですね。

3曲目、渋い!
4曲目、この出だし、何で知っているのだろう~。
よく、使われているのかな?

ダルさん、どうなるのでしょうかね・・・
帰って来いよ~って、まだ早いね~。
2017年09月17日 15:32
今日わんこー   くま8さん

今日はそれどころじゃなかったのです。後輩にゃんこのエリザが調子
悪くて、病院に連れて行きました。大した事なかったのですが、腎臓の
病気だそうです。

帰ると、ミックがやたらとうるさい。奴は彼女のシモベでしたからねぇ。

一番下の件、ダルは本当は日本に帰りたい気だそうですヨ。
ただ、年俸10億~30億円(これはどうかなぁ)もの収入は、アチラ
でしか得られないですからぁ。
最初で最後のFAかも知れない、とは代理人、団野村氏が言っていた言葉
でありんす。これは長期期間かつ大型年俸を指しているのでしょう。