四十九日が過ぎました。が然し、昨朝私は死にました。音楽はShakira,Percy Faith 他

義母さんの四十九日も無事過ぎました。と思ったら、昨日早朝のWカップ対コロンビア戦、完敗により私は死にました。でもって今週の日曜日は姪っ子の結婚式、長々と死んでられません。私はれっきとした叔父であるからして。

一夜明けて、日本代表のグチはもう言いません。相手方の方が1枚も2枚も上手だったのです。ホントに強かったとしみじみ思うのでありんす。たらればはもう無し。次回に期待するしかないのです。(還暦超えちゃうよっ)


早速ですが音楽に、1曲目はシャキーラで今年出したアルバムからの新曲。そう言えば前回の南アフリカ大会の時もシャキーラを出した記憶が。彼女ももう37才になりますね。私は彼女19才の時から追っかけています。(どこの国の出身か、それは聞かないで頂きたい)




Shakira ft Rihana(リアーナ)「Can‘t remember to forget you」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回は新曲1曲だけで後は古典です。もの凄く古いの。嫌な方はどうぞスルーして下さい。
さて、今世界が注目してるのは、やはりブラジル。ブラジルと言えばサンバ・ボサノバでしょう。その中で昔から忘れられない曲が、次の2曲。「Brajil」と「マシュ・ケ・ナダ」前者は1939年に出された古~い曲。後者は1963年にジョルジ・ベンが作った有名な曲。動画は66年にセルジオ・メンデス&ブラジル66のものです。2曲続けてどうぞ。




Brazil「Percy Faith」






Mas que nada「Sergio Mendes & Brajil 66」






Wカップでは中南米の国が強いですねぇ。スペインやイングランドそしてイタリア等の大御所が1次リーグで敗退ですもの、サッカーの勢力分布図も変わって来たのでしょうか?
中米と言えば、やはりレゲエ。ココではやはり面子を保つためにストーンズの登場でありんす。生理的に合わない方は、スルーして下さい。1977年カナダのトロント市エル・モカンボというクラブから。




Cracki‘n Up「Rollng Stones」





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント