アコースティック③ Beatles「Girl」、Pink Floyd、他




アコースティック特集の3回目になります。一曲目は例によってBeatlesから「Girl」。このパターンもう飽きてきたでしょうかね?。この曲はジョンの曲、ジョン節と言いましょうか、気ダルイ雰囲気。

然し、ポールとは又違った魅力のメロディですね。65年作。勿論どちらが良いかなんてナンセスンスな話。





、CSN&Yの(Deja Vu)70年作のアルバムに収められていた曲。「Teach your children」。グラハム・ナッシュの作品。(一番髪がフサフサしてる人)

このビデオは、77年でY=ニール・ヤングが抜け出たあとのもの。映画「小さな恋のメロディ」にもラストシーンで使われてました。ハーモニーが美しい貴重なアメリカのサウンドでした。





ここで出るとは思わなかった、Pink Floyd「Wish you were here」75年作。あの大ヒットした名作(狂気)の2年振りのアルバムから。

プログレではない、オーソドックスなフォーク・ロック。ピンク・フロイドとは、元のサウンドがしっかりしてますよ。うむうむ





さて、トリは、少し前にも公開したTaylor Swift「The best day」。彼女は元々カントリー・ミュージック歌手、それも20才の若さによる現代的な曲に仕上げています。

この曲も、前に公開したアルバム(フィアレス)からです。先日のグラミー賞で四冠を取得した事なんて、私には関係ないです。グラミー賞なんてとっくの昔に、私見限ってますから。ただ彼女の曲が好きなだけなのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • coco

    こんばんは☆
    「Girl」の気だるい雰囲気。
    今、うちのビートルズファンが横で歌ってたのですが
    この雰囲気は皆無でした。当然ですが。^^

    CSN&Yはこの曲ともう1曲だけ知っているのですが
    タイトルが思い出せません。聴けば思い出せるかもです。
    動画で見たのは初めてですが、雰囲気が思ってた感じと違います。^^

    テイラー・スウィフト嬢はKeithさんのブログで記事が出た後に
    グラミー賞を取ったのを見て、あぁ、こんなに凄かったのか!って思いました。
    グラミー賞、毎年録画してますが、新しすぎて付いていけず
    「賞」と言うより「ショー」として楽しんで見てます、^^

    今夜はテイラー嬢の動画のみ、なかなか再生されず。
    この時間はようつべ混んでるのでしょうね。。
    また明朝以降聴きに来ます!^^
    2010年03月11日 00:49
  • とも

    こんばんは♪

    Crosby Stills & Nashもいいんだけど、ここで特筆すべきはやはりPink Floydでしょうね!^^
    わたくし、プログレが大の苦手なんだけど(笑)、この曲はとっても好き♪
    keithさんがおっしゃる通り、土台がしっかりしている人たちが書いた楽曲って感じですね。
    何も「プログレ」なんていう難解な解釈をしなくても、このまんまの路線でいいんじゃないか?と思うんだけどね~・・・(笑)

    ニール・ヤングを出さないのは、ちっとも明るくないからなのか・・・?(笑)
    2010年03月11日 01:29
  • 恐妻家のミック&Keith

    お早うぃんたー(こちらは雪ががまだまだ) coco様
    ほほぅ~隣りでpapa様歌ってるんですね。で、全然気ダルクない?
    余程、陽気なお方なんですなー。って酔っているから?

    今回は、CSNの動画です。でもCSN&Yの動画は少ないですね。
    いずれにせよ、「絵」的にあまり鑑賞できるの少ないのですね。あの頭ですから。

    そうでショー、そうでショー。あれは、アメリカ音楽関係者が勝手に決めた
    事ですね。1度私にやらせろって!言うの。
    重たい時は、止めて早く寝まショー。
    2010年03月11日 07:10
  • 恐妻家のミック&Keith

    お早うザマす    ともちゃん
    むむ、おぬし鋭いのよぅ~。目を付けたのが「Wish you・・・」とは!
    ふふふっ、一体幾つなのか?私の「39才」説は、間違ってないと思えるのだが!

    そういえば、この曲の作者ロジャー・ウォーターズとクラプトンの二人で演奏
    してた画像があったが、ありゃあダメダ。あの歌が下手。
    クラプトンのギターも、やはり曲調に向かないんだなぁー。

    ニールはココで1回「ハート・オブ・ゴールド」を出しているんじゃが、
    とにかく「むさ苦しい」し、で、明るくない!ありゃー聴くもんで見る
    もんでネェーと思うのだが・・・・
    2010年03月11日 07:37
  • mick

    毎度元気そう屋根ぇ。
    大阪ははもう、雨雨触れ触れ状態で、48時間以上降ってました、しかも超冷たい雨が、昨晩は雪になりたまりませんでしたが、きょうは、久しぶりに蜘蛛一つ無い快晴ですわ。
    あし@機能ちょっとづつ判ってきたようです。お気に入りブロガーさんチェックしてたら、おー新記事更新してるやんかいさ、ここへ飛びます飛びますてんで、飛んできました。
    さて「Girl」は私もお気に入りの曲です。この毛だるい感じのメロディがなんともいいです。
    「Teach your children」もいいですね、小さな恋のメロディは高校2年のときにみましたが、美しいメロディとホーモニーじゃないハーモニーがいいですね。
    Pink Floydはね、あんまり気かな褐炭よ・・・・
    おー最後は、私の恋人Taylor Swift嬢じゃあーりませんか・・・
    彼女、素敵です。最近よく聴いてるんですよ。

    やっぱり、音楽ってええなぁ。
    2010年03月11日 10:50
  • 恐妻家のミック

    毎度、冬景色の続く所のミックです   mickさん
    先日、西日本でも雪だったそうで、ホント異常気象ですね。あーもう雪嫌い!

    処で、今回はmickさんは、Pink Floyd以外気に入ってくれたようで、
    有難うございます。このこの~「小さな恋のメロディ」彼女と行ったのネー。?
    そこで、手握ったわネー。?でっでっ次もー!あ~イヤらしい。

    オホン、何で吸って?「私の恋人テイラーちゃん」?あんまりです事
    mickさんの娘さんと、年同じ位じゃあないの!オイタだめですよー。


    2010年03月11日 13:35
  • 流れ星

    CSN&Yの曲が凄くさわやかなハーモニーで気に入りました、
    こんな曲もぽかぽか来ていいですね。

    ピンクフロイドはたしか86年にライブに行っているんですよ、
    今まで見てきたライブの中ではNO.1ですね。
    光と音の祭典でした、こんな凄いライブはそうそうないと思います。

    テイラー・スウィフトはほんとに今が旬なアーチストで
    この曲もさわやかでいい曲ですね。
    やっぱり気になるつぼはいっしょみたいですね。
    2010年03月11日 18:39
  • 恐妻家のミック&keith

    ぐふふ、つぼ合ってますよねー。  流れ星☆彡さん
    CSN&Yは、前から特集組みたいと思っているんですが、良い画像
    が少ないですね。ニール・ヤングが入ると特に。

    Pink Floydの後にテイラー・スウィフトって追いつけない人も
    いるかも知れません。でも、どっかの誰かさんみたいに、一方的に
    恋人扱いしてる人もいますね。
    以前ブログで公開した時、流れ星さんちと同じく身長の事で検索される人
    やたら多くて、追記して身長180cm.と入れて置きました。 (笑)
    2010年03月11日 19:32
  • mick

    毎度、私を呼んだ買え~・・・・

    恋人扱いええやんか、妄想の世界なのでね。

    あーそれと、Pink Floyd気に入らんのじゃなくて、あんまり聴いてなかったのですよ、だから、コメントわかんないのです、でも、今は勉強しながら聴いていますよ。

    ブログのほうは、私も春を感じる歌っていうことで、更新しました。
    「Teach your children」は、こちらで紹介してるんで、コラボということで。

    ≡≡ヾ(●´ω`)┌ο足跡のこしっ♪べたべた
    2010年03月12日 12:56
  • 恐妻家のミック

    今晩は    mickさん

    いえ、ただヒソヒソ話をしてただけでして・・・・
    そうそう、妄想の世界ですね。余り高じてストーカー等にならないように。

    コラボのブログ有難うございました。お気に入りもチャンと入れてあります。
    話変わって、ホワイトデーが近づいて来ました。厄介ですねーホント。
    トホホのホ。
    2010年03月12日 19:03