Xmasの後では Cyndi Lauper 「Time after Time」 他

巷ではXmasの真っ只中、しかしウチではもう終・っ・た。音楽は「Time after Time」:何度も何度もと言う意味ですね。そう、もう50回以上Xmasを過ごしたんです。正直飽きましたね。





この1曲目と3曲目は、86年の武道館でのLiveだと思われます。シンディは5月に1度1曲だけ登場してます。今回も続きなのですが、やはり80年代の曲を選曲してみました。

この曲が、あのJAZZ界の巨匠マイルス・デイビスもカバーした事は大きな驚きでした。それだけ大きな影響力を持つんですね。1度耳にしたら忘れない、そういう曲ですね。この画像を選んだ理由、もう分かりますねハイ!





この曲もファースト・アルバムに入っていた84年作の曲。こういうポップな曲も彼女の魅力ですね。同年代のマドンナに比べ、はるかに親しみやすく感じるのですね。

彼女はコミカルな一面を持っていて、何故かそれがからかわれると言う事も良くあります。





「True Colors」86年のヒット曲。これも美しいバラッドです。ちょうど訳し付きがありましたので、それを選んで見ました。彼女の同タイトルでのセカンド・アルバムから。

全米第1位2週連続。1曲目と同じく、何も言うことありません。チョーGoodですな。





「I drove all night」89年の久々のヒット。ずい分色っぽいPVですな。ハイ!文句なし。

あのー実はですね、私こんな事してる場合じゃないんです。ホントは。当家の与党から、「平成22年度お小遣い減額法案」を突きつけられて、断固闘争中なのです。さあ~てまた始めるか。ではでは

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • とも

    こんばんは♪

    アンチ女性ボーカリストのわたくしも、初めて「Time after Time」を聴いた時は「キターーっ!」と思ったものですが・・・
    この曲がシンディ・ローパーの曲だと知り、今までの印象が崩壊したのを覚えております。
    まぁ、いでたちと曲が繋がらないといいますかね・・・?(笑)
    でも、名曲である事は間違いない!^^
    そりゃ、たとえマイルス・デイヴィスであろうとカバーしたくなるってもんよ!

    ふふん・・・「平成22年度お小遣い減額法案」ね!
    否決する方法なら、いくらでも知ってるわよ!
    「明日、会社に分度器を持っていかなくちゃいけない」とか「隣の席の同僚に、三角定規とコンパスをパクられた」とかさ!
    何しろ、「小銭」をコツコツせびるのが大切なのよ♪





    2009年12月26日 01:39
  • 恐妻家のミック&Keith

    お早うザマす ともちゃん
    結論から申し上げますと、法案の採決は来週に持ち越されました。ふぅε-(´ωノ|┬

    いでたちだけで判断されては困ります。彼女は良い曲いくつも有りますよ。
    いでたちだけで痛い目にあった事なら何回もありますが・・・・

    「Time after Time」は確かに80年代の名曲中の名曲と私も
    思うのです。単純な言葉では言い表すことのできない深いー曲ですね。

    それと「True Colors」これが股、なんともいたいげな曲ですね。
    彼女は今年56才、充分魅力的ですよ。ともちゃんよりずっとババアですけど。 
    2009年12月26日 07:15
  • 流れ星

    こんばんは☆彡
    「Time After Time」は不変的な魅力がありますね、
    数多くのアーチストがカバーしてますが、
    ジャズのマイルスディビスがミュートでカバー
    していたのが懐かしいですね。

    シンディ・ローパーって、結構、破天荒な性格していると
    感じるのですが、凄く身近に感じで好きですね。
    2009年12月26日 21:24
  • 恐妻家のミック&Keith

    お早うザマす!ってもう昼じゃん! 流れ星☆彡さん

    「Time After Time」はカラオケでも良く歌いますね。そう
    不変的な魅力その通りです。彼女の摩訶不思議な魅力が、そのまま表れています。
    酔いがノッテきたら、「Girl just・・・」になっちまいます。

    50過ぎの親爺がこんな曲って、気味悪いだろうな~。でも好きなんです。
    シンディはデビュー当時のいでたちが強烈だったので、それで評価してしまう
    のが損してますね。

    曲自体、バラードはとても綺麗だし、親密感を覚えます。何つーか近所の
    お姉ーちゃんみたいなね。でもでも本当は、流れ星さんのタイプじゃあない
    んじゃないの?(≧ω≦ゞ)ギャハ
    流れ星のブログ見てると、ハードル凄く高いんだもの。
    2009年12月27日 11:40