シリーズ3プロトタイプ2 MOZART 「Eine Kleine Nachtmusik」

今回のブログは、あくまでもプロトタイプです。MOZARTファンの皆様怒らないで下さいね。私としては、ブログ全 体のチェックをあくまでも目標としたものです。

新シリーズに向けて、ブログのスタイルとしては最終段階といえましょう。CSS編集という新たな試みが、どう受け入れられるか、私にも分かりません。

秋口に入って、気分的にモーツァルトが無性に聞きたくなったのです。それも「アイネ・クライネ・ナハトムジーグ」私は単なる一ファンですので、詳しい事は止めておきましょう。

公開するのは、第一楽章アレグロ、そして第二楽章ロマンツェ(アンダンテ)の2曲です。





この画像は、一番再生回数が多いので、誰でもが1度は見た事あると思います。サウンドがとてもクリアーですね。そして演奏者は、若手ばかり。すがすがしい。

子供の頃初めて聞いた、この第一楽章のイントロは強烈でした。そして一連の旋律のつながりは、天才と呼ぶに相応しいものだと自覚したのは、成人になってからでした。

この大きな画面サイズ、2面も続くのは如何なものか?公開して見なければ私にも分かりません。何か圧迫感があるのではと、案ずるのですが。





第二楽章ロマンツェ(アンダンテ)こちらの曲は、タイトルからしてとても癒されますね。やはり天才以外何者でもない、と私には思えるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話は変わって、今回プロトタイプ2に当っては、テクニカルな面でかなり苦労しました。まあ私のレベルってこんなものですね。

文字のフォントを大きくしたのは、正直いって老眼の進行によるものです(情けなかー)。ただ問題が残っているのは、index htmlでみると反映しない事。

今現在まだ解決できてません。でも従来のフォント文字が好きな人もいるかも?難しいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • 流れ星

    こんにちは、
    秋にはモーツァルトの曲が合いますね、
    聴いていてすがすがしいですよね。

    2曲とも知らない人はいないでしょう。
    モーツァルトはメロディの天才ですよね。

    現代のモーツァルトはポールマッカートニーだと
    勝手に解釈している流れ星です。
    2009年09月20日 12:21
  • 恐妻家のミック

    こんばんみ!(。・▽・)ノ 流れ星☆彡さん
    流れ星さん、Mozartにビビッときましたか?いいですね~。

    でも普通の人って、「アイネ・クライネ」を第一楽章しか知らない人けっこう多いみたいですよ。何せあれは余りにも有名になり過ぎてますから。

    モーツァルトとポールの解釈の件、ストーンズ・フリークの私としても、やはり認めざるを得ないです。(憎たらしいけど)

    ただ、モーツァルトは若死になったけど、生前恐るべき速さで非常に多くの曲を作曲しました。その点でモーツァルトの優勢勝ちでは?ヽ(≧ω≦ゞ)ギャハ
    2009年09月20日 18:16