Youの付く曲アラカルト Phil Collins,Billy Joel,Rolling Stone


(当初の動画は削除されました。代わりにPVを用いました。)


軽快なポップ・ナンバーから。フィル・コリンズ「You can,t hurry love」邦題;恋はあせらず。フィル82年のヒット曲ですね。皆さんご存知ですね、この曲66年シュープリームスのカバー曲。

画像は89年のビデオ、この頃はまだ髪の毛残っています。若いです。

さて、2曲目ビリー・ジョエル「You may be right」80年のヒット曲。画像は、82年のもので、当時LD化されたものです。これもまた非常に若い。





3曲目、この曲を取り上げるのは私位じゃあないかも。 Rolling Stones「Almost hear you sigh」。89年アルバム「スティール・ホイールズ」からの1曲。

画像は、90年初来日の時のコンサート。チャーリーのスネアドラムが凄くビート効いていて、ミックのパワフルなボーカル。とても渋くてカッコイイ曲。





どうしたものか、「ヤ」行が始まってから体調が思わしくなく、思考の糸がプッツリ切れた見たいです。曲が思い出せないのです。従って「ヤ」行は、今回で終らせて頂きます。

少し休むかも知れません。悪しからず。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • Toshinosuke

    毎度、今晩は~♪
    フィル・コリンズのこの曲もちろん知っていますよ!
    私は、『インヴィジブル・タッチ』が好きでした。やっぱり、コリンズは、“キューピーちゃん”ですね。
    ビリー・ジョエルは、カラオケの十八番です。ご存じかも知れませんが、ビリーの奈落の底時代の記事を2年前の、2007年7月に書いていますので、よろしかったら読んでみて下さい。(別に、宣伝ではありません)
    このストーンズの曲は、聴いたことありませんが、やけに洗練された曲ですね!

    今年は、全国的に異常気象です。
    体調(特に股に)お気を付けて!
    2009年07月31日 22:47
  • 恐妻家のミック

    Toshinosukeさん、いつも有難うザンす。
    フィル・コリンズそしてビリー・ジョエルは、共にですね、「髪の毛」を強調して画像upして見ました。
    Stonesの曲、実はこのアルバムの中で一番好きな
    曲なんです。ゆったりとしながらもTightなサウンド。熟練工しかできないですよ。
    早く股、調子取り戻したいと思っています。
    2009年08月01日 07:30