チャカ・カーンの「Eye to Eye」 Live 

ちょうど2週間前でしたか、チャカの「スルー・ザ・ファイアー」を公開したのは。あの曲は、チャカにとって数少ないバラードの名曲でした。あの曲調を期待するとしたら、止めといた方が良いですよ、今回は。

今回公開しようとする曲は、R&Bポップスです。だけどremix版ではユーロビートによるダンス・ミュージックというレアもの。何故選んだかというと、この曲に対する評価が低いこと。作曲はあの「スルー・ザ・ファイアー」と同じデビット・フォスターですもの、悪いはずないんだけど。84年作。

彼女の魅力として、前回歌唱力とハイトーン・ボイスを上げました。言葉足らずだったので申し訳ないんですが、シャウトする時のパワーと音の抜けの良さ。これも大事な魅力ですね。





「ようつべ」で見た限り、収録されている曲は片寄り過ぎている傾向にあるようです。私とチャカ・カーンとの付き合 いは、70年後半からですから、もう30年以上、ルーファスの時からでした。

声量をセーブしたバラードより、私には思いっきりシャウトする彼女の姿に、とても魅力を感じているのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント