ギタープレイなら彼に Eric Clapton - Cocaine

今回もア行です。Eric Clapton クラプトン=レイラと言う図式が成り立つ程ですが、今回提供するのはCocaineです。まあチョッと待って下さい。私が取り上げる彼の区分はクリーム、デレク&ドミノス、そしてソロの3期です。

実際には、ヤードバーズ、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ、ブラインドフェイスにも所属してました。

レイラはデレク&ドミノス時代の名作。今回のシリーズでは、複数回登場可能なのです。五十音の各行にアーティストと曲名の2重に対応する事とは、複数回登場を想定してのことなのです。

クラプトン・ファンの皆さま「レイラ」は、必ずや登場します。デレク&ドミノスの「タ行」で。





このLive詳細が分からないのですが、85年の映像で同じ様なもの見たことあります。

数あるアーティストがそうであるように、彼も数ある苦難を乗り越えてきました。

70年代 薬物依存症 80年代 アルコール依存症、別離 90年代 初めての子供がNY高層マンションから転落死。

それでも、まだまだ彼は活躍し続けています。ストラトキャスターを持ちつづけ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年05月09日 11:13
クラプトンは大好きなアーチストじゃよ。
ベスト盤ももっておるが、クリーム時代の「ホワイトルーム」も好きじゃ。
「レイラ」もええのう・・・
これは、大親友であったビートルズのジョージ・ハリスンの妻パティに恋をしてしまい、その私的感情から生まれた曲じゃな。歌詞の内容も当時のクラプトンの悩み苦しんでいる気持ちが前面に押し出されとるんじゃ。
弟子のmickも記事アップしとるが、ええもんはやっぱりええのう・・・ヾ(  ̄▽)ゞ オホホホホホ
mick
2009年05月09日 11:16
師匠来てたのね。
そうです、クラプトンは、いまなおカッコええんです。
2009年05月10日 09:49
ざびえろ大師匠 ようこそ御こしやす。
クリーム時代からのファンと言う話、はじ
めて聴きました。

大師匠も幅広い音楽歴、お持ちですな。
いやー感嘆です。Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!
2009年05月10日 10:06
mickさん 毎度有難うございます。
そうですよね、クラプトンみたいにカッコ
ええ年寄りになりたいもんですね。

白髪染めの他に、美容整形ですか?ウーン
当家の大奥、若返りに相当金喰ってます。