CHICAGOの長い夜  「25or6to4」 また朝帰りかー。

今回はChicago。曲名は「25or6to4」この意味って当時不思議でしたね。今は考えない事にしてるんです。単なる時刻のこととしか思ってないんです。

Chicagoももう40年のキャリア。でもオリジナル・メンバーは1人もいません。私みたいな中年にとって「ブラス・ロック」なる響きは、彼らが始めてでした。

その後70年代半ばから80年代には、バラード系に移って行きました。大ヒットした「素直になれなくて」あれが、どうしてか結婚披露宴のBGMに毎度流れていました。これって当地だけだったのでしょうか。

話を戻して、画像はできるだけオリジナル・メンバー重視としました。まだピーター・セテラも在籍してます。ブラスの連中は陽気ですね。見ててウレシクなります。





何枚ものアルバム、何枚ものヒット曲はやはり健在ですし、また今後も引き継がれていく事でしょう。そして、のん兵衛の私は又朝5時位まで痛飲したりして。

翌日、鉛のような体になって、又後悔するのでした。もう酒はやめよう・・・・・金輪際などと。あ~憐れだ。


「お知らせ」:前回お知らせした、サイズアップした画像の「アルファベット・シリーズ」への変更は、5/27中で全て
完了いたしました。        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント