何の気なしに、George Harrison - Wah Wah

ホントに何の気なしに始まった、アルファベット頭文字のアーティスト・シリーズも6回目。
今回はGです。Gと言えばジョージ(Geoge)が真っ先に浮かんでしまいます。
そうなると、次に来るのは? やっぱりハリソン。そうジョージ・ハリソンでしょうか。

01年11月58才の若さで逝去した後、彼の残した名曲やBeatles時代の活躍が次第
に風化され忘れ去れる事が、とても寂しく感じられる訳であります。
色々選んだのですが、70年バングラデシュ・チャリティーコンサートが適当かと。

エリック・クラプトン、レオン・ラッセル、リンゴ・スター、そしてボブ・ディランも参加。
彼の人脈の広さがわかりますね。Stonesのミック・ジャガーも交流してました。
それで、曲なんですが、Beatles時代はあえて避けて「Wah Wah」です。

ファンの皆さんは、DVDをもちろん持っているでしょう。フルスイング・バンドです。
途中、音が途切れる部分がありますす。ご了承下さい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

mick
2009年03月29日 14:49
私のグログへの訪問有難うございます。

ジョージ・ハリスンはビートルズ解散後に、一気に才能が開花しましたね。
毎年11月、12月にになると、ジョージやジョンの追悼の意味で、よく聴きますね。
彼の、追悼コンサートには、たくさんの偉大なミュージシャンが参加してましたね。
恐妻家のミック
2009年03月29日 22:03
今晩はmickさま。コメント有難うございます
世間一般はジョージに対し、過少評価ではと
感ずるのです。もっともっとメディアで取り上げて欲しい、曲を流して欲しい。彼の死後
より一層感じられます。