アクセスカウンタ

<<  2017年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


師走 とある月曜のどうしてか元気な夜 音楽は Ed Sheeran 他

2017/12/18 18:46
お約束どおり、前回より早々の更新なのですが、只今ブログ作成でトラブっています。動画を挿入してもブログに反映されないのです。2〜3曲目の枠内に入らないのです。ヤケのやんぱち、このまま進めましょう。
1曲目も消える可能性があります。最小限の文章で進めます、今回はおNEWシリーズです。1曲目はエド・シーランの「Pertfect」で現在ヒット・チャートのTOP3を走っています。大したイケメンでもないのに綺麗な彼女いて羨ましいでし。コールド・プレイやエドみたいな新進のアーチスト。やはりこれからも登場するでしょう。2曲目はシャキーラの昨年デイズニー映画「ズートピア」の主題歌。シャキーラももう40才、カリフォルニアのねずみ村の一員になるとは・・・(泣)。3曲目はParamore(パラモア)でHard Times。今年のアルバムからの1stシングル、夏頃がチャートで一番上位だったかな?。ヘイリー・ウィリアムズというちょっとイカれた女の子が不思議な存在でありんす。う〜ん、これで精一杯でしょう?。後は動画が上手く出るか、否か。南無さんでし。


ED SHEERAN−PERFECT











SHAKIRA−TRY EVERY THING








PARAMORE−HARD TIMES



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


これが本線! 軟弱ならんと欲す!。 音楽は CCR、Rolling Stones

2017/12/16 16:58
今回は二部構成で、今日はOLD ROCK。次回は・・・・次回は・・・・・まだ決まってません!。然し、1週間以内に発表しましょう。お約束致しましょう。オホン。
今日はストーンズが入っていますが、これだけで「直帰」する方・・・・結構だと思います。又RSSリーダーを見て無視する方も結構でしょう。

さてこれ以降付き合って下さる方は、大変貴重な方々でありんす。皆々様方にこれからでもお歳暮をお送りしたい様に思います。

無駄口はさておいて、今日はCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)が前半で後半がストーンズとなっています。CCRは以前サザンロックでも出しましたが、今回のはカントリー・ロック色が強く思われますなぁ。
(ジョン・フォガティはいつもカントリー・シャツばかり着てましたからね)。

CCRについて、特段の説明は必要ないでしょう。私より皆さんの方が知ってますから。ただドラムは下手だなぁと思う位。後半のストーンズは古い画像にしました。1972年でミック・ジャガーは28才、一番油が乗っていた時期ですネ。それにミック・テイラーもしかり。2000年代の60を過ぎたストーンズのライブは、本当のところ余り好きなのが無いのです。

おっと、時間が。また今夜もあるんですヨ。最後にダルビッシュ・MLB関連をチョコッと入れて置きます。では皆さん、良い週末を。






Who‘ll Stop The Rain







Proud Mary






Brown Sugar





Street Fighting Man






さて話は変わって、ダルビッシュ・MLB関連について少しばかり。大谷狂騒曲が12月第一週で終わり、11日〜
15日までウインター・ミーティングを行いましたが、先発投手の大きな動きはありませんでした。
ダルビッシュに最も興味を示していたのは、ミネソタ・ツインズでGMも監督も大いに乗り気だった様に思えます。そこに急浮上して来たのが、シカゴ・カブス(どうやら意図していた投手から蹴られたみたい)。
難しい所は、カブスは資金力があるけど、今年7月のトレード拒否球団に入っていたチーム。ツインズは今まで年俸2000万ドル以上の大型契約をしたことがないチーム。
いずれにせよ、各球団は先発投手欲しさで、来週以降活発な動きが出て来るのではないでしょうか?。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


師走 とある日曜の朝のひととき 音楽は Gloria Estefan 他

2017/12/03 06:37
日曜の朝も早くから起きて、ニャンズ達はまだ寝てる・・・・・このゴクツブシめがっ!。私なんか師走一発目の忘年会を終えて来たのでありんす。

然し、この調子で年内を持つことが出来るだろうか。昨年より確かにパワー・ダウンしてるんですけどぉ?。
まぁ、私がどこで野垂れ死になろうと、くたばろうと、皆さんには関係のないこと。

チョット今日は気分が優れないので、簡易的に済ませようと感じる次第であります。音楽の選曲も何だか気分がそのままって感じ。いつものキャラは何処へ行った!。

それでは1曲目、グロリア・エステファン1989年のヒット曲。全米ではアダルト・コンテンポラリーで1位にもなりました。この年と言えば日本でバブル最盛期の年でした。その意味で覚えているのです。彼女と私は同い年。キューバ生まれで、その後アメリカに亡命した人。

2曲目、何故出て来たのか?ノラ・ジョーンズ。ここでは1回も現れてなかったのに。キャラが明らかに違うと思っていました。でもですネ気が弱くなると、SUNRISEってホットします。ピアノのタッチ何とも言えないです。彼女については、皆さんの方が良く知っているでしょう。付加すると、父親があのビートルズ(特にジョージ・ハリスン)とも親交があった、シタール奏者のラヴィ・シャンカールだったと言う事。

速く進みます、3曲目は私大好き皆さん大嫌いなカントリー。アリソン・クラウス89年のヒット曲。確か原曲はもっと古い70年頃だったはず。ですから彼女のオリジナル曲ではありません。彼女はロック系のミュージシャン等幅広い分野のアーティストとの交流で有名ですね。
いやホントに気分が優れないので、これで公開させて頂きます。申し訳ないです。







GLORIA ESTEFAN−HERE WE ARE








NORAH JONES−SUNRISE









ALISON KRAUSS−WHEN YOU SAY NOTHING AT ALL


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12


<<  2017年12月のブログ記事  >> 

トップへ

Stones Tight 時代のながれ 2017年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる