Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の夜のクールな火曜日 Grover Washington Jr.「Just two of us」他

<<   作成日時 : 2011/07/26 18:01   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4




グローバー・ワシントン・ジュニア、彼はsaxプレイヤー。voはビル・ウィザースです。この曲はグラミー賞ベストR&Bソング賞をもらいました。1981年の曲でした。どうです?大人の雰囲気がGoodではないでしょうか?。彼の目だった活躍といえば、この曲とこれを含むア

ルバム「ワインライト」でしたね。1999年、56才の若さで心臓発作により亡くなってしまいました。そう言えば先だって7月23日、エイミー・ワインハウスが死去しました。まだ27才だっていうのに。





柔らかで流れるようなフェンダー・ローズ。STUFFの1976年1stアルバムから「My Sweetness」。この卓越したキーボード・プレーヤー(リチャード・ティー)も93年、49才で病死するとは。寿命とは、本当に分からないものです。

「ようつべ」では、このSTUFFの画像がホント少ないです。6枚のアルバムを残しているのに、という事は投稿者がいないって事でもあるんですね。確かに彼らの活動期間って5年チョットでもありましたから。





1976年の大ヒット・アルバム(シルク・ディグリーズ)の中の1曲。「Harbor Lights」。ボズ・スギャッグス彼は70年代後半から80年代にかけて活躍した人。当時メローなサウンドとも言われてました。AORと言う言葉の元祖とも言えるのでは?。

近年のライブ画像もありましたが、パスしました。彼ももう67才、70年代のハイトーンが出ないのです。思うに、ありゃー酒とタバコのせいではないでしょうか?。然しコンスタントにアルバムも発表し、来日公演も定期的に来てます。

しぶとい奴と言えるのでしょうか。でもこの曲は、隠れた名曲だと思います。何せタイトルがクールですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スタッフ、大好きです。
特にリチャード・ティー大好きです。
昔、
「アンタのギターは指の回らないジョージ・ベンソンか、
 音数が多過ぎるエリック・ゲイルみたいやな」
って言われてた時期も有ります。
浦太
2011/07/27 15:16
今日蒸すぜわんこ    浦太さん

と言う事は、昔エリック・ゲイル見たいにピッキング強かったのでしょうか。
浦太さんのブログで聴くギターの音は、教則本そのものに聞こえますね。

かなり無理して直したんでしょう。だってエリックのあのキュイ〜ンって音、
私もハマりましたけど、病み付きになりました。
恐妻家のミック&Keith
2011/07/27 18:18
こんばんわんわんこ♪

実に渋いとこ ついてきましたね。。
My Sweetness この曲は、FM東京のAOR(Adult Oriented Radio)のテーマ曲にもなってましたね。。
大好きな曲です。
もちろん Grover washington Jrも・・☆☆


諸星輝々
2011/07/27 22:38
今日も暑いぜわんこ   ももPAPAさん

今回はクールな渋線、渋谷線ではありません。
チミ〜、STUFFの2曲目は某NHK−FMの夕方の番組「軽音楽をあなたに」で
テーマ曲として、当時使われていたのだよ。何せFMっこだったかんね。

この3曲は、どれも思い出らいつ深い曲。然し最後の「ハーバー・ライツ」の完成度は
Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!の一言。女に振られた時に聴くと、どぉーーっと落ち込む怖い曲。

何度泣かされたことか!股、何度振ったことか!(前者の方が数多いに決まっている)
恐妻家のミック&Keith
2011/07/28 12:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の夜のクールな火曜日 Grover Washington Jr.「Just two of us」他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる