Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の夜長は、まれにフュージョンなど如何 Stuff,Bob James,NABESADA 他

<<   作成日時 : 2010/10/06 18:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

今回は、70年代後半のフュージョンを紹介しようと思います。メロディックで比較的分かり易い曲を選んだつもりです。初めて聞く方でも十分堪能できるのでは、そう願っているのであります。





70年代フュージョン界で、外すことはできないグループStuffで「Sun Song」。ご存知NYのスタジオ・ミュージシャンが集まった集団です。

リチャード・ティー(key)、エリック・ゲイル(g)、スティーブ・ガッド(dr)、等フュージョン界を引っ張るアーティストが演奏してました。特にリチャードの奏でるフェンダー・ローズ(エレピ)は、あれ以上の音は誰にも出ないと思えました。
然しながら、1993年49才の若さで病死したのは、本当に残念です。





さて、次は「ナベサダ」渡辺 貞夫さん。何だ邦楽じゃないかと言う声も。私にとっては、サウンドは洋楽の分野だと思っています。あの78年大ヒット「カリフォルニア・シャワー」の次の作品。フルートも良い音色をしていますね。

彼は、日本のフュージョン界をぐんぐん引っ張っていきました。30年経て聞いてもサウンドが色褪せていないです。
それは、根っこのメロディがとてもしっかりしているせいだと思います。





3曲目ですが、Bob James「Touchdown」。79年作で彼の代表作品と言えましょう。

彼は、プロデューサー、作曲家と幅広い活動を行い、後年ジャズの分野に行きます。やはりこの曲は、全盛期の曲でしょう。





最後ですが、Bob JamesとEarl Klughとの共演で、やはり79年の作品。アール・クルーはココで彼のファースト・アルバムから公開しています。ボブとの共作は、One on Oneと言うアルバム。

曲名は「Kari」で、アール節とボブのキーボードが見事にマッチング。やはりこのゆるーいリズムがあっているのでは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ナベサダは、「カリフォルニア・シャワー」の頃は、僕もハマリましたねぇ。
LPレコードを、何枚か持ってるはずです。
世界のナベサダですよね。

ところで、禁煙の調子は如何ですか?
僕は、止める気なし。
まあ、1日10本ぐらいしか吸いませんけどね。
YASU
2010/10/06 20:39
今晩は(^^♪   YASUさん

「カリフォルニア・シャワー」や今回の「モーニング・アイランド」ハマり
ましたね。ヽ(^o^)丿

処で「禁煙」の方ですが、急に止めると体に良くない訳でして、徐々に
減らす方向に向けています。1箱410円はキツイですね〜。
そして、日ハムもきな臭い話が出てますね。ヤキモキします。
恐妻家のミック&Keith
2010/10/06 22:27
おはようございます

秋の夜長はフュージョンと仰るとおりでございます。
リチャード・ティーのローズの音には癒されます。
桃太郎
2010/10/07 09:55
今日は(^^♪   桃太郎さん

ふ〜む、解けた。秋の夜長と掛けまして、リチャード・ティーととく。
その心は、ローズ・ティーがお似合いのようで。あっ違った?恥ずかしい。

オホン、それにしてもティーのフェンダー・ローズは、凄かったですね。
メインと脇役を完璧にまでできました。あんな人ももう出ないのでは。

恐妻家のミック&Keith
2010/10/07 12:17
こんばんわ

今日もなかなかいいですよ。ナベサダには邦楽・洋楽の区別など難しいですね。
日本のジャズ界の重鎮ですから。あの当時、バークリー帰りの彼はスターでしたね。
私が彼の音と出会ったのは、大学2年の頃、ロックバンドのドラムからジャズベースに転向したときです。
年が知れますが、カリフォルニア・シャワーよりさらにさかのぼって、パストラルという曲でした。
また数十年、走馬灯のごとく思い出がめぐり、一瞬若返りました。

A7
2010/10/07 22:29
今晩は(^^♪   A7さん

そうでしたか、A7さんはJazz畑出身でしたか。
私は、一貫してポップ・ミュージックを追い続けていました。

それも雑種でして、特に若いお姉ーさんなんか。今でも聞いてます。
コメントはとても有り難いですが、余り無理はしないで下さい。
ココは、適当なブログですので、思い付きでやってるだけですから。
恐妻家のミック&Keith
2010/10/07 23:40
Stuff、大好きでした。
私、昔、
「アンタのギターは手数が多すぎるエリック・ゲイルか、不器用なジョージ・ベンソンみたいや」
って言われてた時期があります。
浦太
2010/10/08 00:03
恐妻家のミックさん、今晩は♪

え〜、やったー!
何と私の好きだった、スタッフ、ナベサダ、ボブ・ジェームス、アール・クルー!

私の行ってた大学は、アメフトが強かったので甲子園ボウルも見に行きました。
この記事にある、ボブ・ジェームスの『タッチ・ダウン』のLPジャケットを学生時代、広げて壁に貼ってたんです・・・懐かしい。

フェンダー・ローズと言えば、リー・リトナーとよく組んでいたデイヴ・グルーシンも好きでしたね。
Toshinosuke
2010/10/08 00:17
今晩は(^^♪   浦太さん

何とまぁ〜言葉が過ぎる批評じゃあありませんか。
エリック・ゲイルもジョージ・ベンソンも、彼ら特有の
「味」ってモノについて、分かってらっしゃらなかってのでは?

テクニックだけで云々するだけでは、音楽の楽しみが半減すると
思います。まあ私みたいな素人は、こんな感じがします。
恐妻家のミック&Keith
2010/10/08 00:21
今晩は(^^♪  Toshinosukeはん

今回はツボにハマったようですね。!(^^)!
懐かしいですよね。でも今聞いても何ら違和感ないですね。
この頃は、ディスコ全盛の時代でもありました。

然し、彼らの音楽・テクニックには目を見張るモノがありました。
ディヴ・グルーシンもリチャード・ティーも甲乙つけ難い良さがありました。
サウンドは、やはり白人と黒人の持って生まれた、それぞれの良さが
あった様に思えます。どちらも好きでしたね。
恐妻家のミック&Keith
2010/10/08 00:41
追伸

偉そうにコメントしたようで、すみませんでした。
ジャズと言っても、大学の部活ですから素人集団です。
お恥ずかしいことに、今やメタルおじさんですし、
もともとハードロックの方が好きでたから。

今日のKeithさんはちょっと不機嫌なようで、
私のせいではと思い、気になり、再コメントさせていただきました。
もし、失礼があったらお許しください。
音楽中心のコメントをさせていただいているのは、ここだけです。
また、よろしかったらコメントさせてください。





A7
2010/10/08 00:43
今晩は♪  A7さん

私の返答コメが、意に反して捉えられたようで、すみません。
決して不機嫌ではありません。どうか気にしないで下さい。
そう言えば、A7さんちはHRばかりでしたもんね。

私はホント雑種でして、思うがまま気がむくまま、更新してる分けで
でして。こんな夜中に追伸頂き、恐縮しています。
まあ、お互い気楽にやりましょう。私なんかただの親爺ですから。
恐妻家のミック&Keith
2010/10/08 01:02
こんにちは。
あれが「NINJIN娘」の歌詞です^^
特にニンジンが好きなわけではありませんww

ナベサダ・・・歳を取らないなぁというイメージです。
そんなカッコイイおじ様は、私の高校の大先輩なんです。
jintan
2010/10/09 15:33
今日は(^^♪  jintanさん

そーでしたか。とんだ勘違い失礼しました。m(__)m
私みたいな親爺には、さっぱりです。あの歌詞で28点とは如何なものでしょう?

時に、ナベサダの後輩だったのですね。宇○宮工業高校に足を向けて寝れない
ですね。(そちらからでは、北枕になるからギャハ)
恐妻家のミック&Keith
2010/10/09 16:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の夜長は、まれにフュージョンなど如何 Stuff,Bob James,NABESADA 他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる