Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS パーカッションって単にリズムの味付けだとは思わないのですが Madonna 他

<<   作成日時 : 2010/09/08 06:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4




87年Madonnaのヒット曲、「La Isla Bonita」。これはオリジナルの音源が一番聞きやすく、パーカッションも心地よいのですが、「ようつべ」でガードされていました。またラテンか!と思う人が出てくるかも知れませんね。

この画像ではノードラムスですね。パーカッションがメインのリズムを役割してるのです。そもそもラテンのサウンドにドラムは当初なかったもので、後に欧米から入ってきました。変わりにスティール・ドラムがありましたけど。





次いで、サンタナ「Black Magic Woman」ラテン・ロックと言う名は、これが初めてだったと思います。パーカッションの方が完全にドラムを喰っています。これが又新鮮に聞こえていたのかも知れません。

ラテン何て皆こんなものだよ、と言う声も聞こえそうです。それでは次に行ってみましょう。異色かも知れませんが。





Arcade Fire(アーケィード・ファイヤー)はっきり言って、これはインディーズ・ロック。カナダのモントリオールを拠点とするバンド。曲は2004年ファースト・アルバムから「Wake up」でライブは2007年。

皆さんはどう捉えるか分かりませんけど、私が感ずるにこの曲のメイン・リズムは「タンバリン」だと思っています。それにしても若い。とても新鮮に響きます。正に時代の流れでしょう。





最後であれって?2度出しの曲はこれが始めてかな?。ロバータ・フラック「Feel Like Making Love」。これが私〜にはたまらない魅力。この曲は70年代前半の作品ですが、とてもムーディかつブルージィー。

ドラムとコンガのコンビネーションが素適で、その上にエレピ(フェンダー・ローズ)が軽やかに乗って、最高ダス。
こんなサウンド創り出すって、相当の腕前だと思うのですが。
ともちゃん、パーカッションって大事なパートだよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

久しぶりの更新ですね。
久しぶりと言うのも、またいいですね。
「あ、画面がかわってる!」って、びっくりしますもん。

今日はリズムについてのお話ですが、すごく納得です。
特にラテンのリズムは、もの言いますね!
私はヘビーロックなんですが、
リズムと言えば、ドラム、
ドラムいえば、Led Zeppelin のドラマー、ジョン・ボーナムですね。
リズム感の悪いジミーペイジをしっかりサポートしてますし、
彼独特のグルーヴ感と言いますか、魅かれます。
それと、バニラファッジのカーマイン・アピスなども好きですね。

サンタナって、哀愁が売りなのですが、なにか和風ですよね。
最初、サンタナとボブ・マーリーの顔の区別が付きませんでした(笑)

また、いろんな切り口のブログ更新、よろしくお願いします。


A7
2010/09/08 11:25
今晩わんこ   A7さん

ジョン・ボーナムは私も良く聞きました。叩くというよりアタックする感じで、パワー感ありましたね。
今は息子さんが叩いてるそうですね。よかよかな事だと思います。

アピスは30年以上前ライブで聞いた事あります。「ベック・ボガード&アピス」で当地札幌のライブでしたね。ミキサーが変わったと思うんですが、以前のバンドのサウンドとうって変わりバカでかいかつ抜けの良いスネアードラムの音は、気持ちよかったモノでした。

何で良く覚えているか。余談ですが、当時まだ高三で、付き合い始めた彼女と二人でライブに行った訳で、
私はあわよくばという思いがあったのですね。結果「門限過ぎたから私帰るわ!」と去って行きました。
私は1人トボトボ家路へと・・・(泣)
恐妻家のミック&Keith
2010/09/08 18:18
こんばんは♪

マドンナの「La Isla Bonita」は、吹奏楽部時代に文化祭か何かでやった記憶がありますね。

もちろん、パーカッションは大事なパートですよ!^^
まぁ、個人的にはドラムありきで、他の打楽器はスパイスって感じも無い事はないんですけど・・・笑

パーカッションで言うなら、「ストンプ」とかがよかったかなぁ〜。
アレは、完全にパーカッションの認識を変える素晴らしい演奏だもの。
とも
2010/09/10 01:50
そちらの豪雨被害、大丈夫だったでしょうか? そことはかなく心配しております。ともちゃん

マドンナの曲演奏したってー?ひょっとしてドラムスだったのでは?
「スパイス」だなんて、軽い言葉は聞き捨てならぬ!「味ぽん」にも劣らぬ
良い味を持っておるのぞよ! プンプン。

ともちゃんは、パーカッショニストでなくドラマーだったんだね。(あの舘ひろし
みたいなクソヘタなドラマーだったのか?) 
恐妻家のミック&Keith
2010/09/10 12:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
パーカッションって単にリズムの味付けだとは思わないのですが Madonna 他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる