Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS Cover of Rolling Stones 「GFR」「Susan Boyle」「Oasis」他

<<   作成日時 : 2010/05/17 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

やっと、こちら北国でも桜の花が満開となりました。5月の初めには、まだストーブを着けていたのです。本州の方からすれば考えられない事でしょう。体の方も少し軽くなったように感じます。

さて、今回はストーンズをカバーした曲を取り上げて見ました。例の如く興味のない方は、スルーして下さい。

ビートルズ程でないですが、ストーンズも多くのアーティストから、カバーされています。古くて一番有名なのは、オーティス・レディングの「Satisfaction」でしょう。だからと言って登場はしないのです。私のことですからね。

爽やかな空に、そうだ、1曲目はGFR(Grand Funk Railroad)で「Gimme Shelter」。原曲よりもパワー満ち溢れ、グイグイ押し迫るのはさすが、GFRのサウンド。

この曲は、彼らの71年アルバム(Survival)から、マーク・ファーナー(vo,gu)は初代マッチョ・ロッカーでしたっけ。





2曲目は、ちょっと場違いな感じも。今や時の人となった49才のオバハン、Susan Boyle(スーザン・ボイル)。彼女のファースト・アルバムの1曲目に何と、あの名曲「Wild Horses」を入れるとは!

聞きなれたミック・ジャガーのあの曲に対して、これって有りか?と最初思いましたね。莫大なロイヤリティーがストーンズ側に支払われたそうです。それでも彼女はオリジナリティ豊かに歌い上げていますね。





さて3曲目Oasis、これは比較的ストーンズのLiveに近いサウンド。ただやはり、彼らのサウンドは奇麗に出来上がっている。うねりや泥臭さがないのです。そして、リアムのボーカルは相変わらずけだるい。

彼らは、ビートルズの後継者的存在に思われがちですが、このようにストーンズの影響も受けているんですね。彼らのサード・アルバム(Be here now)からのマキシ・シングル「All around warld」からです





前回に引き続きBritneyブリちゃんです。彼女のセカンド・アルバム「Oopus!」に入っていますが、見事に割り切ったサウンドと言えましょう。固定概念を払拭しているのですね。

「Satisfaction」と言えば、キースのファズトーンによるギターリフが頭に焼き付いている訳ですが、その概念を吹っ飛ばしています。1種の21世紀型「Satisfaction」の表れかもしれません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○
無事に帰ってきましたよ。久しぶりに愛妻家してきたmickしゃんです。
旅行明けに、このようなストーンズのカバー聴けるとは、嬉しい限りです。
ブリちゃんの、もだえながらのSatisfaction」は、朝からもっこり気分です。
mick
2010/05/17 10:05
お帰りなさいまし。  mickしゃん
仲睦まじい奥様との御旅行、良かったですね。

んもぅ〜ブリちゃんの腰フリフリばっかり目がいって!
旅の宿で、もっこりは解消されたはずなのに、困ったちゃんですね。
体力余り過ぎでんがなぁ〜。ブリちゃんはmickしゃんだけのモノ
ではないんですからね!
恐妻家のミック
2010/05/17 12:26
こんばんは♪

「GFR」は、さすが!という感じですね!
元々ストーンズのサウンドというのは、攻撃的に演奏した方がよりカッコよくなると思っているので、この人たちのカバーはかなり〇!^^
「オアシス」も、彼らのポップさも混ざってなかなか良い仕上がりです^^

でも、「サティスファクション」は、キースも大絶賛だった「オーティス」にして欲しかった・・・(泣
とも
2010/05/18 02:26
お早うぃっしゅ    ともちゃん

そうですね、ともちゃんのご意見は想定内の事です。
大方のストーンズ・ファンが言われるような感じがします。
実は、このブログ、「広く浅くやっているようだけど、内容が薄い」との
意見を持っている話を耳にしました。

私は、このブログをマニアックなモノにしよう等と、考えてもみませんでした。
そして、オールド・ファッションだけにしたくもなかったのです。
その結果、今回は今まで十分に聞いて来た「オーティス」を外しました。

それに対して「スーザン・ボイル」「ブリトニー」と言う振興勢力を入れて見ました。
ストーンズの曲に対する新しい解釈、これこそ「時代のながれ」を表しているのでは?
と考えているのですね。受けだけを狙ったらこうはならなかったですね。
恐妻家のミック&Keith
2010/05/18 08:34
こんばんは♪

まったく・・・「広く浅くやっているようだけど、内容が薄い」などという失礼極まりない事を・・・
そもそもブログというものは、その人主体で出来ているものなんですからね!
もちろん、オーティスはわたくしの好みなだけだから気にしないでね^^
わたくしの伝え方が悪かったかな?(ごめりんこ^^
とも
2010/05/19 01:28
今日Wa−   ともちゃん
いえいえ、謝ることなんて全然ないですよ。
私自身、自覚している事ですから。ってココのメインは動画の曲なんですもの。

自分のお気に入りや、あちこち探し出して来た曲を載せる。そこから始まった
のですね。それが今の今まで続いている。ただそれだけの事ですね。

恐妻家のミック&Keith
2010/05/19 12:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cover of Rolling Stones 「GFR」「Susan Boyle」「Oasis」他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる