Stones Tight 時代のながれ

アクセスカウンタ

zoom RSS もう1人のサラは Sarah Brightman 「ジュピター=Running」 他

<<   作成日時 : 2009/12/22 06:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

(当初のオフィシャルPVは削除されました。代わりに別ヴァージョンを用いました。)



前回はStonesのキース、今回はサラ・ブライトマンときたもんだ。いやはやこのブログ極端にも程がある。って私は至極まともですけどね。ロックン・ロールもクラシカル・クロスオーバーも耳に入るのは同じ事。

何ら抵抗はないのですね。さて、この「Time to say goodbye」最早不朽の名作と言ってもいいでしょう。イタリア語の歌詞は、さっぱり分かりませんけど。

96年の発表で、公式PVのコピーを選びました。早々と削除されること間違いなし。その時はその時。二番手三番手もう考えてありますから。若かりしサラの姿をご堪能して下さい。





サラのラスヴェガスでの公演。年代は2004年頃と思われます、同じビデオありましたから。95年発表の曲で、彼女の出世作でしたね。

誤解しないで頂きたい事は、彼女80年代にはブロードウェイ・ミュージカルで既に花形スターであったという事。私の言うのは、90年代にソロで活動しての事です。

(当初の動画は削除されました。同じヴァージョンの普通サイズを用いました。)



今度はあのクラシックの名曲「ジュピター」(木星)からアレンジした、「Running」。これは07年の発表。オーストリアの世界遺産にもなっている、セント・ステファン寺院でのLive。

処で、彼女若い頃肥え気味だったり、スリムになったり、そうすると顔の表情がまるで違ってきますね。本当は綺麗なんでしょうけど。ビデオ見てる限り訳分からなくなってしまう。





さて、08年11月のアルバム「A Winter Symphony」からの曲を紹介。冬の季節感を出してスケーティングなんか味わってもらいましょう。

彼女のおみ足、初めて見てしまった。ふ〜む悪くない、まだいける。って今年で49才だって!オホン、ついつい見とれてしまった。話は変えてもうXmasですね。

私に代わってチョッと早いけど、サラお姉ー様がひと言ご挨拶してくれます。メリ〜クリスマス!良いXmasを!


(当初の画像は削除され、代替をいれました)
>





Time to Say Goodbye
Toshiba Emi
Sarah Brightman

ユーザレビュー:
サラの美声と華麗なオ ...
名曲・・・だが手放し ...
Time to Sa ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは☆
サラ・ブライトマン、名前は知ってても、聴いたことはあっても、こんなにしっかりと聴いたのは今回がはじめてであります!(・∀・)ゞ
この「Time to say goodbye」は最近なんだかよく聞いた気がするのですが、さっぱり思い出せません。^^
なんだったかな。何かありましたよね?
Keithさんは本当に幅広くいろいろ聴いてますね。
スゴイです。
どうやって選んで聴いているのかな。
どこかで繋がってるとかなのかな・・あ、美女繋がりかな。(笑)

テンプレがクリスマスですね。可愛いです♪
クリスマス、忙しいから無くてもいいぞと思いつつ
ケーキはしっかり食べるのであった。^^

coco
2009/12/22 21:28
こんばんは☆彡

北海道はとても寒くて雪も積もってますか、
今年の最初の記事がサラ・ブライトマンでしたが
そのあとには来日してますね。

確か1万2千円ぐらいだったと思いましたが
サラのステージは凄く凝っていて価格以上の
見ごたえはたっぷりです。
空中ブランコとかシンクロとか十分満足のステージは
一度見たかったですね。

サラもクラシックティストあふれる楽曲が多くて
ジュピターなんかもそうですね。
荘厳なイメージあふれる楽曲でライブ見ているようでした。

流れ星
2009/12/22 22:41
お早うザマす 只今起こされました。ってもう昼じゃん! COCO様
昨夜飲んだ記憶飛んでいる。どうやって帰宅したのだろう?

そんな事どうでもいい。サラ・ブライトンですね。年と共に化粧がキツくなって
まいりましたが、やっぱ美人です。そう繋がりは「美女探し」なのです。

従って、このブログでは「美人でない女性」の登場する確率は、極めて低いです。
まあ〜好みの問題もありますがね。然し、音楽性が基本である事いうまでもない
のです。見て楽しみ聴いて楽しみ、そうあれば良いと思っています。

朝いや昼起き抜けだけど、私って冴えてるなあ〜。よかよか
恐妻家のミック&Keith
2009/12/23 12:15
今日わんこ 流れ星☆彡さん
そうだったんですか!今年一番の記事、サラ・ブライトマンだったのですか!
後で伺いに行きます。

今回公開して後、気付いたのですが、ステファン寺院の画質はホントに綺麗だと
私も実感しています。

彼女の場合、ミュージカルの経験が長かった訳ですから、Liveと言っても
1つの舞台。そして歌手と共にエンター・ティナーであると思うのですね。
恐妻家のミック&Keith
2009/12/23 12:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう1人のサラは Sarah Brightman 「ジュピター=Running」 他 Stones Tight 時代のながれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる